平成27年度 香川県厚生農業協同組合連合会滝宮総合 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 152人 49人 30人 69人 99人 134人 384人 459人 618人 226人
平成27年度に退院した患者様を年齢階級別に集計しました。
当院の入院患者は、高齢化の影響もあり60歳代から80歳代が多く、60歳以上が全体の約76%を占めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 処置等2_なし 115人 20.55日 14.34日 4.35% 79.53歳
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 69人 29.75日 21.69日 8.7% 87.74歳
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置等1_あり 処置等2_なし 定義副傷病_なし 23人 2.52日 3.29日 0% 73.74歳
内科で最も多い症例は、肺炎、急性気管支炎です。次いで誤嚥性肺炎が多くなっています。
平均年齢が約80歳と高いこともあり、全国に比べ平均在院日数が長くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)  処置等2_なし 59人 8.36日 5.72日 3.39% 5.08歳
040100xxxxx00x 喘息  処置等2_なし 定義副傷病_なし 37人 7.43日 6.31日 2.7% 2.11歳
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎  処置等2_なし 30人 6.2日 5.5日 0% 4.47歳
小児科で最も多い症例は、肺炎、急性気管支炎、喘息といった呼吸器疾患の症例が多くなっています。
次いで、感染性腸炎などの消化器疾患が挙げられます。嘔吐、下痢に伴う脱水症状が進行しないように治療をしています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 処置等2_なし 12人 14.92日 11.63日 0% 61.58歳
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置等1_なし 処置等2_なし 10人 31.8日 17.41日 0% 76歳
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 処置等1_なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 10人 9.5日 9.17日 10% 77.4歳
外科では、乳癌、大腸癌、ヘルニアなどの症例が多く治療されています。
平均年齢が全国平均に比べてやや高いため、平均在院日数が少し長めとなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 36人 59.11日 28.7日 2.78% 83.31歳
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 定義副傷病_なし 19人 48.74日 16.83日 26.32% 89.42歳
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病_なし 16人 48日 21.52日 0% 74.19歳
整形外科で最も多い症例は、股関節大腿近位骨折です。
平均年齢が高いこともあり患者様の状態に応じて手術を行ったり、保存的治療を行っています。
急性期の治療後、回復期リハビリテーション病棟にて訓練を行う為、平均在院日数が長期化しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 処置等1_なし 処置等2_3あり 定義副傷病_なし 74人 47.35日 18.08日 4.23% 75.7歳
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 20人 58.9日 19.32日 5% 74.55歳
010230xx99x00x てんかん 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 19人 21.95日 7.03日 0% 62.89歳
脳神経外科で最も多い症例は、脳梗塞です。次いで非外傷性頭蓋内血腫です。
急性期の治療後、回復期リハビリテーション病棟にて訓練を行う為、平均在院日数が長期化しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 16人 8.25日 9.53日 0% 67.13歳
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 10.43日
120230xx02xxxx 子宮の非炎症性障害 子宮鏡下子宮中隔切除術、子宮内腔癒着切除術(癒着剥離術を含む。)等 2.48日
子宮や腟・膀胱が下がってくる性器脱の患者様は増えてきており、
骨盤底筋訓練やリングペッサリーを腟内に入れる保存的治療と根治的な手術療法があります。
手術方法は腟式に子宮全摘術+腟壁形成術が最も多く行われ、
患者様の状態により侵襲の少ない腟壁の一部を縫合する中央腟閉鎖術が行われることもあります。

子宮鏡下手術は子宮粘膜下筋腫や子宮内膜ポリープをお腹を切らずに経腟的に内視鏡で治療します。
県内外からの紹介で国内でも有数の症例数で良好な成績を残しています。
入院は2泊3日で、退院後すぐに元の生活にもどれます。
子宮鏡下手術は、過多月経や不正出血に対する有効で体への負担が少ない安全な治療法です。

※患者数が10未満の場合「‐」としています。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 19人 8.32日 5.31日 0% 66.53歳
030425xx99xxxx 聴覚の障害(その他) 手術なし 8.55日
030380xxxxxxxx 鼻出血 6.29日
耳鼻いんこう科で最も多い症例は、前庭機能障害です。
前庭機能障害の症状には、めまいやふらつき、歩行困難、聴覚異常などがあります。
※患者数が10未満の場合「‐」としています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置等1_なし 処置等2_なし 25人 5.36日 7.59日 0% 72.28歳
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 13人 14.38日 12.60日 7.69% 70.85歳
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病_なし 12人 4.17日 6.9日 0% 78.25歳
泌尿器科で最も多い症例は、膀胱癌に対する治療です。
内視鏡的切除や進行癌に対して、全身抗癌剤治療などを行っております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 15人 1 7
大腸癌 10人 1 7
乳癌 11人 1 7
肺癌 12人 17人 1 7
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
患者様が特定される可能性もあるため、患者数が10未満の場合「‐」としていますが、上記の癌のすべての診断、治療を行っています。
症例の多い順では、肺癌、大腸癌、胃癌、乳癌、肝癌となっています。
手術の他、化学療法、放射線による治療も行っております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 11人 11.45日 56.27歳
重症度 1 32人 18.53日 80.81歳
重症度 2 28人 24.04日 85.18歳
重症度 3 12人 15.33日 90.08歳
重症度 4
重症度 5
不明
成人市中肺炎とは普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎です。
日本呼吸器学会が刊行した『成人市中肺炎診療ガイドライン』に掲載されているA-DROPによる重症度分類しています。
年齢が高いほど重症度も高くなる傾向にあります。
※患者数が10未満の場合「‐」としています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 -
I63$ 脳梗塞 3日以内 103人 50.43日 78.07歳 7.77%
その他 26人 76.23日 76.04歳 11.54%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> -
I679 脳血管疾患,詳細不明 -
発症日から3日以内の急性期の脳梗塞が約83%を占めています。
急性期の治療後、回復期リハビリテーション病棟にて訓練を行う為、平均在院日数が長期化しています。
※患者数が10未満の場合「‐」としています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 146人 0.05日 1日 0% 63.47歳
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 13人 0.85日 9.23日 0% 70.85歳
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 13人 4.77日 17.69日 15.38% 81.69歳
内科では、大腸ポリープや大腸腫瘍に対する内視鏡的ポリープ、粘膜切除術を最も多く行っております。
ポリペクトミー(ポリープ切除)目的の短期入院です。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 30人 0.93日 6.67日 0% 70.2歳
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 14人 1.29日 7日 0% 51.29歳
K7193 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術 11人 5.09日 25.27日 0% 75.82歳
外科では、鼠径ヘルニア手術、胆のう摘出術、大腸癌手術、乳癌手術などが多く行われています。
侵襲の少ない鏡視下手術を積極的に取り入れて治療を行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 36人 3.5日 56.22日 2.78% 83.97歳
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 15人 4.8日 63.67日 0% 84.2歳
K0484 骨内異物(挿入物を含む)除去術(足) 10人 0.9日 5.5日 0% 51.5歳
整形外科で最も多い手術は骨折観血的手術です。
髄内釘やプレートなどを使って骨折部を固定します。
高齢者の転倒などによる骨折が多く、平均年齢が高くなっております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 12人 9.75日 22.33日 0% 79歳
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方椎体固定
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成
脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術です。
頭部の局所麻酔を行い、小さな穿頭で硬膜下に溜った血腫を吸引し洗浄除去します。
術後は早期に症状が改善して自力歩行可能となり、80%近くの方が自宅へ退院されます。
脳神経外科にて、頚椎、腰椎手術も行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 83人 0日 1.01日 0% 75歳
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合
眼科で最も多い手術は白内障に対する水晶体再建術です。
入院当日の手術実施で翌日退院の短期入院となります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 25人 1.6 2.76日 0% 72.28歳
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 20人 0.25 4.25日 0% 80.8歳
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術
泌尿器科で最も多い手術は、膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)です。
尿道から内視鏡を膀胱へ挿入し、電気メスにて膀胱腫瘍を切除し、腫瘍の膀胱壁への深達度なども評価します。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる - 0.05%
180010 敗血症 同一 0.36%
異なる 0.18%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 0.09%
異なる
厚生労働省による平成26年度の全国DPC対象病院データ集計では、
全症例に対する割合は播種性血管内凝固が0.17%、敗血症は0.56%でした。
全国値と当院の発生率を比較しますと、播種性血管内凝固、敗血症ともに少ない数値でした。
※患者数が10未満の場合「‐」としています。
更新履歴