トップページ回復期リハビリテーション病棟

病棟機能について

回復期リハビリテーション病棟

管理者 院長 大越 祐一

管理者 院長 大越 祐一
回復期リハビリテーション病棟専任医師

病院理念

回復期リハビリテーション病棟とは

  • 脳血管疾患、大腿骨や骨盤等の骨折、その他の急性期治療を終えて症状が安定した患者様に対し、集中的にリハビリテーションを行い、在宅復帰を支援する病棟です。
  • 日常生活動作(ADL)の向上、寝たきり予防、在宅復帰を目指します。

回復期リハビリテーション病棟運営方針

急性期から回復期まで、あなたらしい生活をサポートします!
  • 患者様の生活を考え、他職種が連携して援助を計画し、実践します。
  • 患者様とご家族様の心理的サポートを行い、安心してリハビリが継続できるよう援助します。
  • 医療と介護・福祉の連携を実践し、地域に開かれたリハビリテーションを提供していきます。

私たちがチームでサポートさせていただきます!

医師の指示により、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、社会福祉士など院内すべてのスタッフが医療リハビリチームとしてそれぞれ専門性を最大限発揮するとともに協力し合うことで患者様やご家族様をサポートいたします。

回復期リハビリテーション病棟スタッフ
回復期リハビリテーション病棟スタッフ

私たちは元気と笑顔をモットーに、当院に来てよかったと思ってもらえるよう日々努力しています。
あなたが笑顔で自宅や職場に戻れるように、また寝たきりにならない生活が送れるように、チーム全員が全力でサポートしていきます。私たちと一緒に頑張りましょう!

回復期病棟 師長 徳田 久美子

充実した設備で在宅復帰を実現します!

十分な広さを確保した病室(4人部屋)
十分な広さを確保した病室(4人部屋)

病棟にリハビリ室を完備しています【サテライトリハ室】
病棟にリハビリ室を完備しています
【サテライトリハ室】

個室も充実しています(1人部屋)
個室も充実しています(1人部屋)

状態に合わせて利用できるトイレ
状態に合わせて利用できるトイレ

落ち着いた雰囲気のデイルーム
落ち着いた雰囲気のデイルーム

回復期リハビリテーション病棟の対象疾患

疾患 入院までの日数 入院限度日数
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血後のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、腕神経損傷等の発症もしくは手術後、末梢神経損傷、義肢装着訓練を要する状態  発症または手術後2ヶ月以内  150日以内
高次脳機能障害を伴った重度脳血管障害、重度の頚髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷  180日以内
多肢の骨折、大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節または二肢以上の多発の骨折もしくは手術後  90日以内
外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経、筋または靱帯損傷後  発症または手術後1ヶ月以内  60日以内

入院相談

ご相談・お手続きは"地域医療連携室"が承ります。

滝宮総合病院
〒761-2393 香川県綾歌郡綾川町滝宮486
電話:087−876−1145(代表)
   087−876−1109(地域連携室直通)
FAX:087−876−1302

ページのトップへ