トップページ館内案内

滝宮総合病院について

館内案内 2F

1F2F3F4F5F
2f 手術室 外来科学療法室 検査部

2Fマップ

外来化学療法室 Chemotherapy

業務内容

当院の外来化学療法室を紹介します。
外来化学療法とは、入院せず抗がん剤治療を受けることができる治療法です。以前は抗がん剤の使用方法や副作用の管理が難しいため入院する必要がありました。最近では新しい抗がん剤の登場や副作用予防の進歩により、外来でも安心して化学療法が行われるようになりました。化学療法の大きなメリットは、患者さんが日常生活を送りながら外来で治療ができるという生活の質(QOL)の向上につながります。

当院の外来化学療法室は専用ベッド3床リクライニングチェア5床、合計8床あります。患者さんが治療中できるだけ快適に過ごせるよう、それぞれのベッドやチェアにはテレビが整備されています。8床は壁で仕切られていてプライバシーにも配慮しています。
外来化学療法室には2名の看護師が勤務していて、抗がん剤開始時の説明、副作用や日常生活での困りごと、精神的followなどに対応しながら患者さん・家族が安心して治療を受けられるようスタッフ一同協力しています。

検査部

現在検査部は技師16名、この内、認定超音波検査士6名、国際細胞検査士1名、感染制御認定臨床微生物検査技師1名、糖尿病療養指導士1名、認定輸血技師3名など専門知識を持った技師が種々の業務に携わっています。健診センター、バス健診、心カテ、聴力検査室、内視鏡室など検査室外においても検査業務に尽力しています。

2F:検体検査フロア

2F:検体検査フロア

生化学、免疫、血液、輸血、細菌、病理検査部門を配置し、外来、入院、健診の検体検査を行っています。

2F:細菌検査室

2F:細菌検査室

種々の細菌検査、感染対策等に尽力しています。

2F:病理検査室

2F:病理検査室

国際細胞検査士1名、病理専門医(非常勤)2名で迅速かつ正確な病理学的診断を行っています。

1F:中央処置室

1F:中央処置室

看護部と協力し、検査受付、採血、注射などの処置を行っています。

1F:生理検査室

1F:生理検査室

超音波検査、肺機能、心電図、血圧脈波など種々の生理検査を行っています。

検体搬送リフト

検体搬送リフト

2基の搬送リフトを設置しています。
1F 中央処置室 ⇔ 2F 検体検査フロア
3F、4F 病棟 ⇔ 2F 検体検査フロア

ページのトップへ